こんばんは。
フレンチスタイルジュイ、日本スタッフの木戸です。

今週は気まぐれはぎれの入荷週になっております。
夏らしい南仏のヴァカンスに行きたくなるようなプロヴァンス柄も入荷しておりますので、
ぜひ、ご来店お待ちしております!

21350_1

21380_1


さて、夏といえば、ゴールデンウィーク休暇にスリランカで夏を先取りしてまいりました。

スリランカはとても素晴らしい大自然がある反面、都心部のスモッグが激しく、
人柄や食事は日本と似ていて(味はカレー味ですが、ダシがきいていて魚や野菜も多く)、
昔の日本ってこんな感じだったのだろうか、と思うような、馴染みやすい街でした。

また、ヨーロッパ各国の植民地時代の名残のある建物が多く、
とっても美味しい紅茶の紅茶工場も見学できたりと色々な面で楽しめる国でもございました。


ということで、
今日は、大自然編をご紹介します。

1

海岸沿いのホテルから眺めたインド洋の夕日です。
ただのiphoneでこんなに綺麗な写真が撮れてしまうほど、
実際の景色が素敵だったんです^^

2

こちらは、その海岸の海の透明度。
初日だけリゾート系の素敵なホテルに泊まったのですが、
片側がインド洋、もう片側はラグーンに面していて、
初めてラグーンと呼ばれている地形に出会ったな~と、
テヴノンの生地の色の名前に使われているLagon(=フランス語)を思い出したりしました。

最後に、内陸部にある有名なシーギリヤロックという、
巨大な岩の上につくられた宮殿の遺跡の上から見た景色です。

3

7

360度、森でした。
近くに街もあるのですが、森の緑が多すぎて、埋もれてしまっています。

このシーギリヤロックを登る時には、たくさんの数のサルに出会ったり、
険しい階段にも関わらず、頂上で犬が待ち構えていたり、
ホテル付近にはリスらしき小動物やリスザルのような手の長いスレンダーな猿がいたり、
都心部の公園でも、見たこともないトサカを持った鳥がいたり、ウサギがいたりと、
特別な場所に行かなくても、動物と触れ合える国でもありました。


ということで、今日のご紹介生地はこちらの3点です^^

15700_2

布:ゼフィー&セラファン(白ベースブルーグリーン) 

http://www.fsjouy.com/product/6470

森の中に作られた宮殿のような神秘的な雰囲気をもった小柄のトワルドジュイ生地です。
こちらの生地は廃盤になる可能性が高いので、ぜひ、今のうちにチェックしてくださいね。


つづきまして、今週入荷したこちらの細かいストライプ・モワレ生地。

21470_8


布:フィフ(ストライプ、ライトグリーン・ブルー系、モアレ)

http://www.fsjouy.com/product/7876

壁紙でも有名な、イギリスメーカー「プレスティージャス テキスタイル」の生地です。
透明な海面を思い起こす、夏にぴったりの生地です。


最後にこちら。

lacio43-2


布:ラシオ(ストライプ、ゴールド)

http://www.fsjouy.com/product/3838

夕日を見ると思い出す私の中の定番生地です♪
以前、フランスの運河でも水面に夕日が写る様子が綺麗でこの生地を思い出したのですが、
インド洋の夕日はとても濃いオレンジで、水がだんだんゴールド色になっていくのがとても綺麗でした。


あ、番外編でテヴノンのラグーン色生地も。

10530_4

たゆたう「ラグーン」の名前に似合った優しい雰囲気の水色です^^


ではでは、また次回♪
ア プロッシェンヌ フォワ♪


 応援クリックしてもらえるうれしいるです^^↓

にほんブログ村 ハンドメイドブログ 手芸材料・用品へ
にほんブログ村 手芸材料・用品ランキングへ