こんにちは。 フレンチスタイルジュイ、日本スタッフの木戸です。

昨日、国際キルトフェスティバルに行って参りました。

image

というのも、当店でエプロンやバッグを販売させていただいている、フランス在住のクリエーター、マダム・ゴトウから、

「中山久美子ジェラルツ先生のブースをお手伝いに行くので、
一緒にお会いしませんか?」
とお誘いいただいたのです(^-^)/


わー。中山先生って、あのブティで有名な先生ですよね?
上のキルトフェスティバルのパンフレットの表紙にもなってるスゴイ方ではないですか!!

と、やや興奮気味になりながら、
以前からキルトフェスティバルをオススメしてくださっていた
仲良しのクリエーターさんと一緒に行って参りました。

同伴していただいたクリエーターさんによりますと、
通常は人がごった返して、中々入口を入るのも大変だそうなのですが、
たまたま昨日は雪が降る予定になっていたせいか、
奇跡的にそこまでの混雑ぶりでもなく
(と言っても、賑わってはいました)

余裕を持って見ることができました。


中山先生のブースの傍らには、表紙に使われたブティも(^O^)

image

会場では実演をされていて、とても賑わっていました。
image

ブースの中は、可愛いベビーグッズの展示も。
image
布の彫刻とも言われるブティは、ベビーグッズにすると、ふんわりとした雰囲気な中にも神聖な可愛いらしさがベストマッチ。

image

こちらの青い部分は、生地が青いのではなく、
中につめる糸に青い糸が使われていて、
白の薄い生地から透けて見えているのだそうです。

ちゃんと均一に入れないと、とても、この美しさにはならないですよね。

image


正面奥に飾られていたこちらのブティ、写真に影が入ってしまってわかりづらいのですが、
背景のオレンジ色の布もブティでできていて、とても温かみのある作品になっていました。

そして、マダム・ゴトウからご紹介いただき、
ご一緒に写真を撮らせていただきました(^-^)/
とても気さくな先生で、お話しできて楽しいひと時を、過ごさせていただきました。

image

私はまだまだ布やキルトのことに詳しくなく、勉強しなければなと思っていたら、

ヴォーグ社が主催されている中山先生のブティのクラスでは、
フランスのキルトの歴史などから学べるそうで、
今ちょうど新しくEクラスを新設したそうなのです。

http://www.tezukuritown.com/quilt-juku/class/41/nakayamakumikogeraerts.html

これは、行かねば! と、さっそく上のページからお問い合わせを入れたところです。


前線で活躍されている先生方を見ていると、
刺激を受けて、また色々なことを吸収してお店に生かしていきたいなと思います。


一緒に行っていただいたクリエーターの方とマダム・ゴトウとも、
今後のショップについてのアイデアをお話しできたので、
楽しい新商品を今年中にはお披露目できるようにがんばりまーす(^-^)/


次回は、 会場全体の雰囲気をご紹介したいと思います。

キルトフェスティバルは、25日水曜日まで開催されていますので、
https://www.tokyo-dome.co.jp/quilt/
気になる方は是非チェックしてみてくださいね!


では、また次回♪ ア プロッシェンヌ フロワ♪