カルトナージュなどのフランス手芸材料たち♪

トワルドジュイ、フランス生地、タッセルなど、インテリア・ハンドメイド用品を種類豊富に販売するサロネーゼ御用達の通販専門店-フレンチスタイルジュイ-の商品情報、商品の使用例などをお届けします。

2019年11月

ハプスブルグ展♪

こんにちは。東京スタッフの木戸です。

昨晩、遅くにふとテレビをつけたところ、

阿川佐和子さんの「サワコのひとり旅」という番組が放送されていたのですが、
国立西洋美術館で開催されている「ハプスブルグ展」にまつわって、
ウィーンとブダペストを訪れたサワコさんが、大帝国の繁栄を支えた女性たちに注目
という内容で、なんとなく流し見しながら洗濯物を畳んでおりましたところ、

急に、トワルドジュイが目に入って、思わずパシャリ。

IMG_1749


イエローの壁にシロベースイエローのジュイのカーテンとテーブルクロスが
可愛い!

デザインは、L'Escarpolette(ぶらんこ) のようです。
(オリジナルを現代版にしたもの?)

こういう白ベースイエローのジュイは、
ついこの間までThevenon社に水の物語があって、こちらもステキだったのですが、

he-jncrm1


Thevenon社の新陳代謝の良さのために廃盤になってしまい、
今は原画が使われている貴重な復刻版「四季の喜び」くらいでしょうか。

dqs-jb4

イエローの壁には薄めの白ベースブルーが合うなと個人的には思っていたのですが、
イエローで統一しても可愛いですね。

と目に留まったところから放送は母マリア・テレジアと娘のマリー・アントワネットの
直筆の書簡のやり取りの内容になっておりまして、
その内容は、母マリア・テレジアがマリー・アントワネットに肖像画を送ってほしい
という内容。
それに対し、マリー・アントワネットが描かせているところだが、なかなかうまくいかない
というようなやり取りで、
最終的に母に娘の肖像画が送られたのは7年後のことだったそうです。

そのころの肖像画というのは、写真がない時代。
母が15歳でお嫁に出した娘の成長した姿が見れる唯一の方法だったとか。

それ以外にも残されている肖像画には全て意味があって、
お見合いの肖像画だったり、国が反映していることを相手国や世間に知らしめる肖像画だったり
と、ただ単に趣味で描いてもらっていたわけではないのだという説明があり、
奥が深いものだったんだな~と急に興味が沸いてきたのでした。

このテレジアに送ったマリー・アントワネットの肖像画は「ハプスブルグ展」で
見られるそうですよ。

ハプスブルグ展は上野の西洋美術館で2020年1月26日まで開催されておりますので、
ご興味があれば、是非。
そして、当店や西洋美術館から10分ほどで到着しますので、
お越しの際には、是非、お立ち寄りくださいませ^^



そうそう、本日、再販売リクエストがあった生地の中から、
共同購入募集を開始しておりますが、その中に「ギャラリー・ド・タブロー」
という生地がございます。

21800_3


名画が描かれた生地。こちらも絵画好きの方には是非。
共同募集中は20%OFFでご購入いただけます。

その他にも2点、対象となっておりますので、是非、チェックしてみてくださいね。

kyodo201911_1

それから、相変わらず新陳代謝の良いTHEVEON社からは廃盤リストが届き、

ステキなストライプ生地マノンがついに全滅に、、
在庫があるうちに是非、ご検討ください!!

ではまた次回♪
ア ビアント♪

クリスマスモード♪

こんにちは。東京スタッフの木戸です。

急に寒くなりましたが、いかがお過ごしでしょうか?

FullSizeRender


店頭にはクリスマス関連生地を集め、少しずつクリスマスモードに。

ワークショップで好評だった、
ミニハウスのキットも写真レシピ付きで販売しております♡

FullSizeRender


もし、ご来店できない方でご希望があれば、
メールやお問い合わせから、ご連絡ください。

来月頭まで材料をメインに、来月半ばからはプレゼントにできそうなものを中心に販売しようかな、
と思っております。

今週も、皆さまのご来店お待ちしております♪

パリ祭 in  名古屋市円頓寺 二日目


こんにちは。

アルバイトスタッフの茂木です。

円頓寺パリ祭のお話の前に、告知を。
12月のワークショップは、六角形の飾り台を作ります。
午前中は満席ですが、午後にはまだ数人余裕がございますので、
良かったらぜひ。
猫脚付きでとってもかわいいですよ。


そして、円頓寺パリ祭。
一日目の夜は、パリ祭のお客様に教えて頂いた、素敵なカフェで
パスタとケーキを食べて栄養補給をしたのですが、お店の写真も
おいしかったケーキもお料理も、何も写真を撮らず・・・。
あとから気が付いてがっかりです。
せめて、お店のFacebookのページだけでもご紹介。
タルトが本当においしかったです。
NOV.CAFE AT NISHIKI NAGOYA


気を取り直して翌日は、せっかくだから、名古屋のモーニングを
楽しもう!と、出店場所の近くにあった喫茶店ニューポピーへ。
古い建物を使っているので、入る前からわくわくです。
最初は2回の通常の席に案内されたのですが、ふと顔を上げると
そのまた上にロフトのようなスペースが。
お店の方にお願いして席を移動させてもらい、開放的な空間を
上から見下ろすような席にワクワクしながらの朝食です。
image4 (4)

照明もかわいいし。
image0 (5)


お店のオリジナルのジャムとあんこが塗られた厚切りトーストも
おいしいし。
image2 (6)


椅子もかわいいし。
image1 (10)


伝票の裏もなんだかすてきです。
image3 (6)


エネルギーを補充して、今日もパリ祭です。
2日目は、お手頃価格の小さめタッセルやチャームを多めに
並べました。
生地ももちろんまだまだあります。
正直に言えば、参加する前は、手芸が好きな方しか来ないだろう
から、うちだけ暇かもしれないね、なんて思っていたのですが
実際には
「東京に行って買うのは難しいから来てくれて嬉しい!」
なんて言って下さる方が何人も。
そんな、来てくださって嬉しいのはこちらの方です!
小さなはぎれサイズを
「孫にあげるキルトに使うの」
と買って下さる方もいれば、小学生の姉弟でお小遣いを出し合って
タッセルを購入されたり。
お買いものをした後に、やっぱりまた買いたい!と戻ってきた方も
いらっしゃいました。
どのお客さまにも手を取ってお礼を言いたいくらい嬉しかったです。

撤収作業を終えて、夜は、円頓寺の「ザ・コーナー」と言う
ハンバーガーショップへ。
注文してから手作りのパティを焼いて挟んでくれるお店で、
店長と二人で大口開けてかぶりつきました。おいしかったー。

翌日は、色々時間が取れずそのまま東京へ車で帰ったのですが、
東名高速道路のトンネルを抜けるといきなり富士山が目の前に。
多分、この3日間で二人のテンションが一番上がった瞬間かも
しれません。雲の冠を戴いた富士山はやはり日本一の山でした。
image6


円頓寺パリ祭、楽しかったです。
今思えばあれをしておけば良かった、これもあった方が良かった。
あれよりこれを持っていけば良かった、と思うものもありますが、
それは次回への成長材料です。
来てくださったお客様、ありがとうございました。また、来年も
名古屋でお会いできるように、頑張ります。

円頓寺パリ祭、名古屋の秋を代表するといわれるだけある、盛大な
イベントで、本当に楽しかったです。皆様もぜひ、来年行ってみて下さい。
楽しいのは保証しますよ!
ウェブショップはこちら↓
記事検索
★アマゾンフランスamazon.frにて購入できる、お勧めの本やDVDをご紹介★

アマゾンフランスでの購入方法は、「アマゾンフランスでの購入方法」を参考にしてくださいね。

ここにないものは、こちら↓にお探しの本の題名やキーワードを入れて探すことも出来ます。





















月別アーカイブ
メールマガジン
★アマゾンフランスamazon.frにて購入できる、お勧めの本やDVDをご紹介★












プロフィール

あやこ

リンク
フランスの布生地やタッセルなどを扱っている
ウェブショップ↓
フレンチスタイルジュイ

オーナー竹内彩子のブログ↓
フランス発 トワルドジュイのある暮らし -好きを生きる-
QRコード
QRコード
  • ライブドアブログ