カルトナージュなどのフランス手芸材料たち♪

トワルドジュイ、フランス生地、タッセルなど、インテリア・ハンドメイド用品を種類豊富に販売するサロネーゼ御用達の通販専門店-フレンチスタイルジュイ-の商品情報、商品の使用例などをお届けします。

2017年04月

トワルドジュイのワンピース♪

こんばんは。
フレンチスタイルジュイ、日本スタッフの木戸です。

今週はゴールデンウィーク連休前で、ちょっと慌ただしくしておりまして、
気づいたら金曜日になってしまいました。。

ちゃんと、元気に開店しておりましたので、どうぞご心配なく^^

そして、ホームページではご案内しておりますが、
4月29日(土)~ 5月8日(月)は、勝手ながらゴールデンウィーク休暇をいただいております。

この間、スタッフは休暇をいただいてしまいますが、ホームページからのご注文は可能です。
ただし、ご連絡と発送がゴールデンウィーク明けより随時、と、少しお待たせをしてしまいます。

そのため、この期間にご注文いただいたお客様へは、お詫びの意味もこめまして、
フランス老舗布メーカー MFTA社の トワルドジュイ生地3色ミニハギレセットを
プレゼントさせていただくことにしました!

詳しくは、下記ページに記載しておりますので、
是非、ご覧くださいね。



なお、5月8日は月曜日なのですが、フランスが祝日のため発送ができません。
日本は平日なので、メールの返信や、この間に届いたお荷物の発送などは、
粛々と進めさせていただこうかなと思っております。


さてさて、前回ちらっと書いておりました巻きスカートですが、
実は作成が終了しております。

が、その前に、プロに頼んでいたオーダーメイドのワンピースが届いていたのです~♪

unnamed

包み紙を、今回のワンピースの柄の生地でリボン風に結んで送っていただいて、
開けるときのワクワク感が演出されています♪


そして、なぜ、なかなかお披露目できなかったかといいますと、
作っていただいたクリエーターさんと事前に打合せをしている際に、
スカートの裾の丈だけは、自分で合わせて好みの丈に仕上げましょう、
という話に落ち着いたんですね。今回は。

裾上げくらいならお裁縫初心者の私でも余裕でしょ~!
と、思っていたことを、そのあとで猛然と後悔することになるとは知らず。。

それから1週間、あーでもない、こーでもない、と些細なことに悩み続けました。

そもそも、自分に合う丈を見つけることから一苦労なのです。
最初は、長く使えるように、膝下にして清楚で落ち着いた雰囲気にしようと思っていたんですが、

私、足が短いうえに、特にひざ下が短くて、
ふくらはぎの一番太い部分が目立ってしまい、
清楚でクラシカルな雰囲気が似合わず・・・断念。

休日に書斎で本を読んでいる旦那様を引きずり出し、意見を出してもらいながら、
性格にも出ちゃっているし、膝上で快活に行こう!と、ようやく決定しました。

さて、裾をまつろうかと、ミシンの裾まつりモードを設定すると、
マニュアル通りに設定して作業をしているのに、縫い目が恐ろしいほど表に出るのです!
機械って難しい・・

えーと、手縫いで裾のまつり縫いってどうやるんでしたっけ?
と、中学校の家庭科の時間以来、服飾というものから遠ざかっていた私は
再度、クリエーターの方に教えを乞う事態になっていったわけでした。

まあ、その経験が巻きスカートの裾を縫うときにはちゃんと生かされたので、
何事も慣れていくことが肝心ですよね。


というわけで、こんな感じに仕上がりました!
(写真がちょっとボヤケているのはご愛敬で・・)

IMG_6305

夏仕様なので、気が早くサンダル履きで試着💛
裾をだいぶ上げましたが、ウエスト位置と綺麗なラインのおかげで
私の足の短さが目立ちません!



IMG_6304

リボンベルトもついています♪


IMG_6303

春先もブラウスを羽織ってお出かけモード♪
うーん。今の手持ちのものだと、ちょっと綺麗なラインを消しちゃって
カジュアルになっているので、もう少しシックなものでもいいかな~


と、まだまだコーディネートの余地がたっぷり残されている
合わせやすいベージュのワンピースなのです。


ということで、今日のご紹介生地は、定番のこちら♪

he-beige1


布:水の物語(ベージュベース) 

http://www.fsjouy.com/product/6498


元々はインテリアファブリックなので、生地は厚めですが、
さらっとパリっとしていて、着心地もいいのです。

もちろん、それは、作っていただいたクリエーターさんが、
服本来の綺麗なパターンを残しつつ、
私の体系にピッタリに合わせて作ってくれたからオーダーメイドだから、

ということが大きいです。
素材の向き不向きも、作り方でカバーできるんだな~魔法だな~と、感激しました!

そうそう。
裾を上げる前の清楚なバージョンのワンピースは下記クリエーターさんのブログで見れますよ^^

needle.C様のブログ
http://ameblo.jp/needlec-boutique/entry-12263767798.html


ではでは、また次回♪

ゴールデンウィーク休暇で力を蓄えてまいりますので、お楽しみにお待ちください。
どうぞ、みなさまも、良い連休を

Bonnes Vacances ♪



・フレンチスタイルジュイ本店
http://www.fsjouy.com/



 応援クリックしてもらえるうれしいるです^^↓

にほんブログ村 ハンドメイドブログ 手芸材料・用品へ
にほんブログ村 手芸材料・用品ランキングへ

時代を表現するアート♪

こんばんは。
フレンチスタイルジュイ、日本スタッフの木戸です。

昨日は、フランスはイースター後の祝日でお休みでした。
本日からフル回転で開店しておりますので、どうぞご来店をお待ちしております♪

さて、巻きスカートを作っている週末のさ中、
こっそり頼んでいたオーダーメイドのワンピースが到着しました💛

色々あってまだ写真が撮れていないので、このお話は次回に詳しくご紹介しますね!


ということで、とってもお見せしたいトワルドジュイのワンピースの話は後日に置いておき、
今日は、先日訪問した二つの建築物のお話をしたいと思います。


IMG_6191

一つ目はこちら。

文京区千駄木にある、島薗家というお宅で、昭和7年に建てられたお医者様の個人宅です。
ドイツ人建築家によってデザインされたそうで、凝った備え付けの家具などは当時のまま、
シンプルな造りながらも、日光浴のできるテラスや、各部屋からお手伝いさんを呼べるチャイムなどもついていて、優雅な空気を醸し出しておりました。


そして、ちょっと、びっくりしたのが次の写真。

unnamed (1)

2階の寝室部分についていたステンドグラスなのですが、なんと戦車と戦闘機のデザインです。
2階は数年後に増築されたそうで、ちょうど戦時中だったこともあるのではないかとのこと。

ガイドの方のお話によると、
この住宅の3軒先からは東京の大空襲で焼け野原となったたため、
高台にあるこの建物からは、品川の海が見えるほどだったそうです。
奇跡的に残った、時代の空気を感じる建物でした。


さて、次にご紹介する建物はこちら。
unnamed (3)

unnamed (2)

3月にソウルに行ったら、東大門という町に、
以前はなかった、ザハ・ハディド設計のホール・商業施設ができていました。

unnamed (4)

夜一面に咲いていたLEDの綺麗なお花です。
これもこれでステキな21世紀の風景だな~と思います。


最後に当店らしく、フランスのお話も少し。
フランスのオートクチュール業界は今でもとても有名ですが、
こちらも世界大戦中は危機に陥ったそうです。
まず豪華な服装が自粛を求められ、女性も動きやすい服装になっていたことや、
物資不足から高級服が作れず、安い既製服に移行していったこと、
また、オートクチュール業界をドイツが自国に奪っていこうとしたりと、
フランスからオートクチュールが消えてしまいそうになったそうです。

そんな中からでも、シャネルのようにジャージ素材のスーツやパンツスタイルを提案したり、
多くのクチュリエが協力して、オートクチュール製品をマネキンに着せた小劇場を開催するなど
新しい方法で成功をおさめ、オートクチュールという文化を守っていったそうです。


もちろん、戦争だけが影響していたわけではないでしょうが、
ファッションや建築を楽しめる平和で豊かな環境は必須ですよね。

なんだか物騒なニュースも続いていますが、
21世紀のソウルの景色が、無事に残り続けてくれることを願います。


ということで、今日の一枚は、こちら。

15680_9


布:パリ・クチュール(ベージュベース赤)
http://www.fsjouy.com/product/7764


シックな生地に赤が生えるフランスらしい大人可愛いジャカード生地です。
大人気の生地ですので、お早目にチェックしてくださいね。

では、また次回♪
ア プロッシェンヌ フォワ♪


・フレンチスタイルジュイ本店
http://www.fsjouy.com/



 応援クリックしてもらえるうれしいるです^^↓

にほんブログ村 ハンドメイドブログ 手芸材料・用品へ
にほんブログ村 手芸材料・用品ランキングへ

刺繍展訪問記♪

こんばんは。
フレンチスタイルジュイ、日本スタッフの木戸です。

今週も、フレンチスタイルジュイは元気に開店しております。

巻きスカートは裁断で止まったまま。。
今週スパートをかける予定です!


さて、日曜日に、お客様からお誘いいただいて、日本刺繍展に行ってみました。

ちょうど、ブティを習い始めたところなので、刺繍に対して興味もあり。

日本刺繍ということで、とっても素敵なお着物が飾られていたりしたのですが、
普段から着物をオシャレとして楽しめるような、
こんな可愛らしい刺繍も。


IMG_6271


クリスマスパーティーで楽しめそうな帯♪

そして、エルメスにお勤めの方が作成されたというエルメスのデザイン皿から
模写した一枚。

IMG_6273


絵のように見えますが、刺繍です!

IMG_6277

お誘いいただいたカルトナージュの先生のお母さまが日本刺繍をされているとのことで、
会場には、母娘で共同作成されたお茶箱も。

IMG_6278

ピエールフレイの布で包まれたお茶箱に日本刺繍がとってもマッチしていますよね^^

日本刺繍の刺し方や、糸についてなども解説いただき、有意義なひと時を過ごさせていただきました。
関口先生、ありがとうございました!


ということで、今日の一枚は、こちら。

71800_2

コットンリボン:刺繍ローズ 20mm(水色・ピンク) 
 http://www.fsjouy.com/product/4967



可愛いローズの刺繍が入ったコットンリボンです♪
ハンドメイドにも、プレゼントの飾りとしても!


では、また次回♪
ア プロッシェンヌ フォワ♪


・フレンチスタイルジュイ本店
http://www.fsjouy.com/



 応援クリックしてもらえるうれしいるです^^↓

にほんブログ村 ハンドメイドブログ 手芸材料・用品へ
にほんブログ村 手芸材料・用品ランキングへ
ウェブショップはこちら↓
記事検索
★アマゾンフランスamazon.frにて購入できる、お勧めの本やDVDをご紹介★

アマゾンフランスでの購入方法は、「アマゾンフランスでの購入方法」を参考にしてくださいね。

ここにないものは、こちら↓にお探しの本の題名やキーワードを入れて探すことも出来ます。





















メールマガジン
★アマゾンフランスamazon.frにて購入できる、お勧めの本やDVDをご紹介★












livedoor プロフィール
リンク
フランスの布生地やタッセルなどを扱っている
ウェブショップ↓
フレンチスタイルジュイ

オーナー竹内彩子のブログ↓
フランス発 トワルドジュイのある暮らし -好きを生きる-
QRコード
QRコード
  • ライブドアブログ