カルトナージュなどのフランス手芸材料たち♪

トワルドジュイ、フランス生地、タッセルなど、インテリア・ハンドメイド用品を種類豊富に販売するサロネーゼ御用達の通販専門店-フレンチスタイルジュイ-の商品情報、商品の使用例などをお届けします。

巻きスカート第二弾♪

こんばんは。
フレンチスタイルジュイ、日本スタッフの木戸です。

前回トワルドジュイ生地で作って味をしめた巻きスカートの第二弾ができました。

今回は紐の部分をリボンにしてみました^^


IMG_6583

夏らしく、麦わら帽子を添えて・・・


着用するとこんな感じです。

IMG_6582


自分で使うものなので、あまり縫製を気にしていないということもありますが、
ベルト部分と裾などちょっとしたポイントさえ押さえておけば、
巻きスカートという素敵な型と生地の良さで、縫製技術がカバーできてしまう優れものです。


アレンジもしやすくて楽しいですよ♪


↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓


92300_4

型紙&制作マニュアルセット:やさしく作れるセミタイト巻きスカート

http://www.fsjouy.com/product/7847


使った生地はこちら。

18110_1

布:ポーリー(インディゴ)

http://www.fsjouy.com/product/7128



ではでは、また次回♪
ア プロッシェンヌ フォワ♪


 応援クリックしてもらえるうれしいるです^^↓

にほんブログ村 ハンドメイドブログ 手芸材料・用品へ
にほんブログ村 手芸材料・用品ランキングへ

パティスリー柄の生地♪

こんにちは。
フレンチスタイルジュイ、日本スタッフの木戸です。

今週も元気に開店しております!

ギャップ・ジャパン社のガイドブックを手に、フランスにまつわるお店をご紹介するシリーズ。

今日は第一弾の「レザベイユ・ジャポン 南青山本店」さんのつづきです^^


こういった良いお店を知ると、いつも私は、どういう経緯でこのお店を始めたのだろう?
と思ってしまうのですが、

大体において、始められた方がおっしゃることは、

「良いものを知ってほしいという気持ちから始めた」ということなんですよね。

特に、こちらのお店では、
「売れるもの、ではなく、良いものを知ってほしいという純粋な想い」で始められたとのことで、

販売を開始した2005年頃は、まだ日本でのハチミツに対する興味・認識は薄く、
天然のハチミツの良さを試してもらうこと自体にご苦労されたそうです。


ちょっと脱線しますが、
インターネットができて、世界の情報が色々と入るようになった現代でも、
フランスや日本などの、英語が苦手な国の情報って、どうしても土地の言語でしか詳しい情報がないので、なかなか正しい情報が伝わりにくいような気がします。

私たち日本人は、現地語はもちろん、英語ですら頭に入りづらく拒否感を覚えてしまうので、
現地の情報に熟知された方が日本語で説明して教えてくださる、ということは、
現代においても、とても価値があることなんだろうな、と、ふと思ったのでした。


因みに、フランスに住んでいるときに私が驚いたことは、本当に季節のものしか販売されていないということ。
日本では通年、なんでも販売されていますが、フランスでは自然に沿った生き方をしているなとよく思いました。
野菜も果物もチーズも、季節が過ぎると買えなくなるものがたくさんあります。


「小さい虫だけれども、自然の世界から、ミツなどをわけてもらっていて、
 商品を通し、そういった自然の世界にも触れてほしい、という願いもあります」

と、お店の方におうかがいし、とても共感しました。


そんな、「良いものを知ってほしい」という想いは、
ハチミツ以外にももちろんありまして、
こちらのお店では、その他にもたくさんの素敵な商品を販売されています。

まずはこちら。

IMG_6522


IMG_6518

IMG_6509


プロポリス関連商品です。
上の写真は食べやすいタイプのプロポリスのグミ、とハーブティー。
一番下がプロポリス石鹸で、他に、エキス自体も販売されています。

プロポリスって、みなさまはご存知でしょうか?
皮膚疾患、内科系の症状や、動脈硬化や貧血にも効果があるとされる生薬の一つですが、
ミツバチが巣を無菌状態に保つために作り出す自然の産物です。

こちらのプロポリスは、フランスで一番古いプロポリス研究所からの由緒正しいプロポリスで、
知識のあるところで製造されているため、安心して取り扱える点が、もっともご紹介したい理由だそうです。


日本では近年知られるようになり、ブラジル産のプロポリスが多く出回っていますが、
ヨーロッパではエジプト時代からプロポリスを傷の治療薬として使っていて、
フランスはプロポリス研究としても先進国なんですって。

プロポリスっていう名前自体は聞いたことがありましたが、効果や歴史、背景は全然知りませんでした。



続きまして、可愛いこちら♪

IMG_6513


フランス好きのみなさまはご存知でしょうか。フェーブです^^
フランスの新年の祝いにかかせない「ガレット・デ・ロワ」に入る陶器の可愛いお人形。
家族や友人でこのフェーブが入った「ガレット・デ・ロワ」というケーキを切り分け、
フェーブが当たった人は王冠をかぶって一日王様になれる、という運だめしの楽しい伝統行事です。

こちらには、その年ごとの色々なシリーズのフェーブが販売されています。

上の写真はチーズとワインがモチーフです。

また、

IMG_6516


画家のパレット、なんて、ペンダントにできるシリーズもありましたし、
スヌーピーやフランス国内の有名キャラクターものなんかもありましたよ。

インテリアとしてもハンドメイドとしても、
おもてなしディナーの飾りつけや、
小人やキャラクターものは、プランターに飾っても可愛くなりそうですね。

タッセルなんかと同じで、フランス小物って、ようやく日本でも紹介されつつあるのかな、
と思います。


最後に、前回私が買ったヨーグルトもご紹介します。

j1

こちらは、フランスの朝市で手に入るフレッシュなヨーグルトをイメージして製造されたとのこと。
新鮮さを求めるためには、さすがにフランスから取寄せるわけにはいかないので、
信州の契約酪農組合さんで、しぼりたての生乳だけを使った生乳100%のヨーグルトです。

ハチミチに合うように酸味が少な目で、ハチミツの種類を変えながら食べても楽しいですし、
美味しくて元気が出る味だな~と思いました。
結構大きいのですが、うちはヨーグルト好きが2人もいるので、速攻なくなりました・・・

などなど、どれもこだわりの商品で、見に行くだけでも楽しめましたよ。
ここでご紹介できなかった、
ハチミツ酢(試食させてもらいましたが、お酢好きにはたまらない酸っぱさで、ドレッシングなどに良さそう!)や、ロウソク作成の道具(!)、
ヌガーなどのお菓子、ギフトセットなどもあって、お手土産にも重宝しそうです。

紹介できていない部分も多くありますし、
お店に行かなくても、レザベイユさんホームページでご購入ができるので、
下記ショップページでどうぞご確認くださいね。

Les Abeilles Japon(レザベイユ・ジャポン)HP
http://www.lesabeillesjapon.jp/

オンラインショップ
http://www.lesabeillesjapon.jp/goods/index.html



ということで、今日のフレンチスタイルジュイからは、
ティータイムの雰囲気を楽しむ、パティスリー柄の生地をご紹介です。


ck336-5


布:カップケーキ(パステル、プリント)

http://www.fsjouy.com/product/3441


当店も、フランス・ヨーロッパの素敵な生地をまだまだご紹介していきたいと
改めて思った今回のご訪問でした。



このシリーズの参考文献:

IMG_6536 - コピー

「東京でさがしてみました、ステキなパリを」


続編も♪
ダウンロード

“Bonjour"東京でみつけました、素敵なパリ時間。 
ギャップ・ジャパン社




ではでは、また次回♪
ア プロシェンヌ フォワ♪



 応援クリックしてもらえるうれしいるです^^↓

にほんブログ村 ハンドメイドブログ 手芸材料・用品へ
にほんブログ村 手芸材料・用品ランキングへ

フランスのハチ柄生地♪

こんばんは。
フレンチスタイルジュイ、日本スタッフの木戸です。

今週からブログ内で1つ企画を行うことにしました。

以前、フランス語会話の教室に行ったときに置いてあった1冊の本。


IMG_6536

「東京でさがしてみました、ステキなパリを」

というタイトルで、2011年にギャップ・ジャパン社より発行された、
東京の中でパリ、フランスを感じることができるお店の特集ガイドブックです。

パラパラっとめくるととても素敵なお店ばかりだったので、
フランス好きのみなさまにもこの本をご紹介できればな、と思っていたのですが、

ただ本を紹介するよりも、自分で一つ一つ訪問して感じたことをお伝えできればもっといいのでは、
と思い、始めてみることにしました。

とはいえ、ギャップ・ジャパン様が苦労して集められた情報を勝手にネタ元にするのはいかがと思い、
こういう形式で利用しても良いか、確認を取らせていただいたところ、ありがたいことにご快諾いただき、
「2011年の本なので、情報が古くご迷惑をおかけするかもしれません」とご心配までしていただきました。

2013年に続本も出ているようなので、ブログに合わせて、こちらの本もご参考になさってみてくださいね。

ダウンロード

“Bonjour"東京でみつけました、素敵なパリ時間。 
ギャップ・ジャパン社



ということで、前置きが長くなりましたが、さっそく1件、お邪魔してきましたので、
ご紹介したいと思います♪

1つめのご訪問先はこちら♪

IMG_6530

IMG_6534

レザベイユ・ジャポン 南青山本店



さんです♪

都会の中にありながら、シンボル・ツリーに隠れてひっそりとした佇まい。
街の落ち着いた雰囲気にも溶け込んで、一体もなんとなくフランスに似た空気感を感じます。

そうそう、フランスでは日本のように目立った看板はほとんどなく、
シンボルのようにお店の装飾の一部になっていて素敵なのですよね。


その看板からご想像される方も多いかと思いますが、
こちらでは、ミツバチに関連した商品を多く取り扱っていらっしゃいます。

何よりもこちらの特徴は、フランスの「天然ハチミツ」の専門店であるというところ。

フランス人養蜂家でもあり、
ミツバチ協会の名誉会長でもあるシャクマンデス氏がオーナーを務める
パリ13区に本店があるハチミツ専門店「レザベイユ」の、
日本で唯一の直営代理店なのだそうです。


店内には、どどんとハチミツサーバーも置かれ、

IMG_6528


棚にには、常時、17種類ほど(!)のハチミツがずらりと並んでいます。
IMG_6525


ハチミツって17種類以上もあるのですね~!!
フランスの田舎にいたときでも、3,4種類くらいしか見かけなかったような。。

オレンジ、森の植物、もみの木、レモン、ラベンダー、ローズマリー・・・etc.
媒介される植物ごとにわかれており、
色も、薄いものから黒蜜のように濃いものまで、それぞれ特徴の違ったハチミツがあって、

IMG_6527

なんと、それぞれ、試食もできるようになっています♪♪

天然であるがゆえに、産地はその花や木々が育つ地域によって違い、商品名に地域名自体がついているものもあるなど、
シャクマンデス氏が吟味したフランス全土の契約養蜂家から集められたものになっています。

そのこだわりはもちろん味に反映されていて、多くの有名パティシエや、パリの5つ星ホテルでも愛用されているそうです。


IMG_6523

見覚えのあるカップが!
と思ったら、このカップはフランスで養蜂資材として販売されており、
専門店のみならず、スーパーなどでも広く使われているカップなのだそうです。

フランスに住んでいるころ、ボルドーの市場で、このカップに入ったアカシアのハチミツを試食させてもらって、あまりの美味しさに即買いしたのですが、
紅茶やパンに使っていたら1週間ほどでなくなってしまった思い出がよみがえりました^^


試食もさせていただき、自宅用にさっそく買ってかえりましたよ♪


j2

ヌガーをおまけにいただいちゃいました♪

そうそう、こちらも!

j1

はい。ヨーグルトです♪

今回のブログでは、はちみつをご紹介しましたが、実は、はちみつだけではなく、
まだまだ素敵な商品がいっぱいあるのです。

ということで、長くなってしまいますので、また次回にご紹介させていただきますね。
他の商品について、そして、伝えきれなかった、お店の方の想いなどを
次回にご紹介させていただければと思います。

とはいえ、もう既にはちみつが気になる方もいらっしゃることでしょう^^
レザベイユさんホームページとオンラインショップを先にお知らせしておきますね。

ハチミツの食べ方やレシピなどもあって、見るだけでも楽しいですよ。

Les Abeilles Japon(レザベイユ・ジャポン)HP
http://www.lesabeillesjapon.jp/

オンラインショップ
http://www.lesabeillesjapon.jp/goods/index.html



ということで、今日のフレンチスタイルジュイからは、
それとなく合わせてみた、ハチ柄の生地のご紹介を。

11900_2


布:アベイユ(ジャカード, クリームベース)

http://www.fsjouy.com/product/6046


ではでは、また次回♪
ア プロシェンヌ フォワ♪



 応援クリックしてもらえるうれしいるです^^↓

にほんブログ村 ハンドメイドブログ 手芸材料・用品へ
にほんブログ村 手芸材料・用品ランキングへ
ウェブショップはこちら↓
記事検索
★アマゾンフランスamazon.frにて購入できる、お勧めの本やDVDをご紹介★

アマゾンフランスでの購入方法は、「アマゾンフランスでの購入方法」を参考にしてくださいね。

ここにないものは、こちら↓にお探しの本の題名やキーワードを入れて探すことも出来ます。





















メールマガジン
★アマゾンフランスamazon.frにて購入できる、お勧めの本やDVDをご紹介★












livedoor プロフィール
リンク
フランスの布生地やタッセルなどを扱っている
ウェブショップ↓
フレンチスタイルジュイ

オーナー竹内彩子のブログ↓
フランス発 トワルドジュイのある暮らし -好きを生きる-
QRコード
QRコード
  • ライブドアブログ