カルトナージュなどのフランス手芸材料たち♪

トワルドジュイ、フランス生地、タッセルなど、インテリア・ハンドメイド用品を種類豊富に販売するサロネーゼ御用達の通販専門店-フレンチスタイルジュイ-の商品情報、商品の使用例などをお届けします。

国際キルトフェスティバル2017-会場案内編1-

こんばんは!

今日は、書きそびれておりました、国際キルトフェスティバルの会場風景をお伝えしたいと思います。


まずは、会場に入りますと、たくさんのブースがひしめく様子。

IMG_6030

手前に見える建物では、アメリカ、ネブラスカ大学のミュージアムに保存されている
1800年代の貴重なキルトが展示されていまして、
(残念ながら撮影はNG)

奥のほうにちらっと見えているのは、今年の特別企画「オズの魔法使い」の風景です。

IMG_6046

こちら、ドロシーの部屋などもあったのですが、
立体キルトで制作されていて圧巻でした。



展示品には、

IMG_6031

パリの風景が細かくステッチされたキルトや、

IMG_6033

トワルドジュイ風の花柄のブティなんかもありました^^

IMG_6036

こちらは、ウィリアム・モリスの別荘を描かれていました!

ケルムスコット・マナーに実際に行かれたのでしょうか?
空の雲の感じや、石造りのおうちに蔦がからまる様子も、細かく表現されていて、
モリスは多くの人に愛されているのだなぁ、と、改めて感じました。


まだまだ素敵な作品がたくさんありましたので、また次回もご紹介いたしますね♪


さて、今日のご紹介は、モンマルトルが描かれたテヴノンの生地。

vuemon1

布:モンマルトルからの眺め(グレイ)
http://www.fsjouy.com/product/1703 


キルトの作品のパリもグレイベースでしたが、確かにパリってシックなグレイのイメージです。
歴史のある白壁の石造りにまた行きたいなぁ!


では、また次回♪ 
ア プロシェンヌ フロワ♪ 


 応援クリックしてもらえるうれしいるです^^↓

にほんブログ村 ハンドメイドブログ 手芸材料・用品へ
にほんブログ村 手芸材料・用品ランキングへ

Amazon店舗に商品入荷しております♪

こんばんは!

今週も元気にフレンチスタイルジュイは開店しております^^

国際キルトフェスティバルの模様をお伝えする予定だったのですが、
今日は、短くお知らせのみ。

また明日ゆっくり会場の模様をお伝えしたいと思います。


さて、11月後半から少しずつ、Amazon店舗にも商品を出しております。

まとめてご購入されるお客様には、フランス本店(http://www.fsjouy.com/)の豊富な種類から、
「商品を」お安くし、実質送料を追加した、トータルでお安くご購入いただけるシステムを考えておりますが、

ちょっとだけ試したいとき、フランスからの送料が気になる方には、
Amazon店舗のように「商品自体に送料を割り振った金額で」、こちらも、トータルではお安くお買い上げいただけるシステムになれば、

と、みんなが得する形を模索しながら、ちょこちょこと形を変えつつ販売をしております。


お陰様で、Amazon店舗のほうでも皆様にご愛顧いただき、
在庫がやや薄くなってきていたのですが、

先ほど、在庫が補充されましたので、ご案内させていただきます。

おなじみ、

51GevS0403L


ブランコに乗った少女や、

41dFCE0xGNL


ダマスクとストライプ柄のセット商品など
お気軽にお試し買いをしていただけますよ♪

まだまだ数は少ないので、気になった商品はお早目にご検討ください。

また、こういう商品がAmazonにもあると嬉しい、といったご意見もお待ちしております!

・フレンチスタイルジュイAmazonショップ
https://www.amazon.co.jp/s?marketplaceID=A1VC38T7YXB528&redirect=true&me=A3INOJUFH3RG94&merchant=A3INOJUFH3RG94


・フレンチスタイルジュイ本店
http://www.fsjouy.com/


では、また次回♪ 
ア プロシェンヌ フロワ♪ 


 応援クリックしてもらえるうれしいるです^^↓

にほんブログ村 ハンドメイドブログ 手芸材料・用品へ
にほんブログ村 手芸材料・用品ランキングへ

国際キルトフェスティバル2017-中山久美子ジェラルツ先生編-

こんにちは。 フレンチスタイルジュイ、日本スタッフの木戸です。

昨日、国際キルトフェスティバルに行って参りました。

image

というのも、当店でエプロンやバッグを販売させていただいている、フランス在住のクリエーター、マダム・ゴトウから、

「中山久美子ジェラルツ先生のブースをお手伝いに行くので、
一緒にお会いしませんか?」
とお誘いいただいたのです(^-^)/


わー。中山先生って、あのブティで有名な先生ですよね?
上のキルトフェスティバルのパンフレットの表紙にもなってるスゴイ方ではないですか!!

と、やや興奮気味になりながら、
以前からキルトフェスティバルをオススメしてくださっていた
仲良しのクリエーターさんと一緒に行って参りました。

同伴していただいたクリエーターさんによりますと、
通常は人がごった返して、中々入口を入るのも大変だそうなのですが、
たまたま昨日は雪が降る予定になっていたせいか、
奇跡的にそこまでの混雑ぶりでもなく
(と言っても、賑わってはいました)

余裕を持って見ることができました。


中山先生のブースの傍らには、表紙に使われたブティも(^O^)

image

会場では実演をされていて、とても賑わっていました。
image

ブースの中は、可愛いベビーグッズの展示も。
image
布の彫刻とも言われるブティは、ベビーグッズにすると、ふんわりとした雰囲気な中にも神聖な可愛いらしさがベストマッチ。

image

こちらの青い部分は、生地が青いのではなく、
中につめる糸に青い糸が使われていて、
白の薄い生地から透けて見えているのだそうです。

ちゃんと均一に入れないと、とても、この美しさにはならないですよね。

image


正面奥に飾られていたこちらのブティ、写真に影が入ってしまってわかりづらいのですが、
背景のオレンジ色の布もブティでできていて、とても温かみのある作品になっていました。

そして、マダム・ゴトウからご紹介いただき、
ご一緒に写真を撮らせていただきました(^-^)/
とても気さくな先生で、お話しできて楽しいひと時を、過ごさせていただきました。

image

私はまだまだ布やキルトのことに詳しくなく、勉強しなければなと思っていたら、

ヴォーグ社が主催されている中山先生のブティのクラスでは、
フランスのキルトの歴史などから学べるそうで、
今ちょうど新しくEクラスを新設したそうなのです。

http://www.tezukuritown.com/quilt-juku/class/41/nakayamakumikogeraerts.html

これは、行かねば! と、さっそく上のページからお問い合わせを入れたところです。


前線で活躍されている先生方を見ていると、
刺激を受けて、また色々なことを吸収してお店に生かしていきたいなと思います。


一緒に行っていただいたクリエーターの方とマダム・ゴトウとも、
今後のショップについてのアイデアをお話しできたので、
楽しい新商品を今年中にはお披露目できるようにがんばりまーす(^-^)/


次回は、 会場全体の雰囲気をご紹介したいと思います。

キルトフェスティバルは、25日水曜日まで開催されていますので、
https://www.tokyo-dome.co.jp/quilt/
気になる方は是非チェックしてみてくださいね!


では、また次回♪ ア プロッシェンヌ フロワ♪
ウェブショップはこちら↓
記事検索
★アマゾンフランスamazon.frにて購入できる、お勧めの本やDVDをご紹介★

アマゾンフランスでの購入方法は、「アマゾンフランスでの購入方法」を参考にしてくださいね。

ここにないものは、こちら↓にお探しの本の題名やキーワードを入れて探すことも出来ます。





















メールマガジン
★アマゾンフランスamazon.frにて購入できる、お勧めの本やDVDをご紹介★












livedoor プロフィール
リンク
フランスの布生地やタッセルなどを扱っている
ウェブショップ↓
フレンチスタイルジュイ

ロマンティックでエレガントなフランス雑貨を扱っているウェブショップ↓
シェマフランス

アコ・シャルロのブログ↓
フランス発~トワルドジュイのある暮らし~
QRコード
QRコード
  • ライブドアブログ