カルトナージュなどのフランス手芸材料たち♪

トワルドジュイ、フランス生地、タッセルなど、インテリア・ハンドメイド用品を種類豊富に販売するサロネーゼ御用達の通販専門店-フレンチスタイルジュイ-の商品情報、商品の使用例などをお届けします。

トワルドジュイで巻きスカート♪

こんばんは。
フレンチスタイルジュイ、日本スタッフの木戸です。

今週も、フレンチスタイルジュイは元気に開店しております。
先週のメールマガジンでは気まぐれ入荷のはぎれが追加になっております。

21160_1

フランスでは「カシミール」と呼ばれる綺麗なペイズリー柄なども入荷していますので、
是非、チェックしてみてくださいね。


さて、最近の私は・・・

IMG_6235


とある先生^^に習いまして、巻きスカートを作成中。

今から、柄の出し方を検討して、パターンに合わせて裁断するところです。
ドキドキ。

出来上がりましたら、こちらでもご紹介しますね♪

ではでは、今週もみなさまのお越をお待ちしております!


また次回♪
ア プロッシェンヌ フォワ♪


・フレンチスタイルジュイ本店
http://www.fsjouy.com/



 応援クリックしてもらえるうれしいるです^^↓

にほんブログ村 ハンドメイドブログ 手芸材料・用品へ
にほんブログ村 手芸材料・用品ランキングへ

スカーフやストールに使えるトワルドジュイ♪

おはようございます!
フレンチスタイルジュイ、日本スタッフの木戸です。

本日は、ホワイトデーですね^^
バレンタインデーからホワイトデーまでは、お菓子屋さんがキラキラしていて、
眺めているだけでも楽しい光景です♪


そんなキラキラオーラたぷりの週末の表参道ヒルズで、
「エルメスの手しごと展」というのがあっていたので、行ってまいりました。

http://www.maisonhermes.jp/feature/421339/


実際に、エルメスで働いていらっしゃる職人さんたちが、
デモンストレーションを 行ってくれるのを見れるのです。

IMG_6205


こちらは、スカーフの版画作りの模様。
契約しているアーティストからいくつかあがってきたデザインを、
エルメスのスタッフがどれを採用するかを決定し、
決定されたデザインを、版画に起こす作業のデモンストレーションでした。

細かいデザインを一つ一つ手書きでデジタル化していきます。

でも、昔はもっと大変だったのでしょうね!
 とてもきれいな職人さんで、格好良くてホレボレしました^^


IMG_6207


次に、スカーフのシルクスクリーン の様子です。

職人さんの均一な手さばきで、後ろの棚にずらりと並んだ染料が、
複数の色分けした枠に流し込まれ、綺麗に色がつけられていきます。

こちらは、2年半から3年の養成期間があるそうで、
まずは理論を4週間受け、次の3週間はアトリエでプロのプリント技師からトレーニング、
その後、少しずつ仕事を任されていくのだそうです。

他にも顕微鏡で2500個のダイヤモンドをはめ込んでいくという、ブレスレットの石留職人や、

革の手袋作成のデモンストレーションをしていただいた手袋職人など、

各パートで解説が通訳つきで聞けるので、
とても興味深い展覧会でした。


東京はこういう展覧会がよく開催されるので、
むしろフランスにいるよりも楽しめるのではないか?
と思うこともしばしばです。

3月19日(日)までやっていますので、気になる方はぜひ行かれてみてくださいね!


ということで、本日は、スカーフにもできるトワルドジュイ生地をご紹介します♪


dqsvl-vt2

布:復刻版tdj四季の喜び(ボイル、白ベースグリーン)
http://www.fsjouy.com/product/347


以前もご紹介しているのですが、ちょっと前に、オーナーに手作りしていただいた
ストールを私も持っていて、とても気に入っている生地です。

 
他にピンクやベージュ、赤などもございます。
個人的には、春はグリーンがオススメかな~と思ったりしますが、
もちろんお好みで!
 
昔からのデザインを復刻したものですが、古くさくなく、
当時は木の版画で手刷りをしていたのかしら・・・などと想いを馳せる
素敵なボイル生地ですよ^^


ではでは、今週もみなさまのお越をお待ちしております!


また次回♪
ア プロッシェンヌ フォワ♪


・フレンチスタイルジュイ本店
http://www.fsjouy.com/



 応援クリックしてもらえるうれしいるです^^↓

にほんブログ村 ハンドメイドブログ 手芸材料・用品へ
にほんブログ村 手芸材料・用品ランキングへ

ウレスの新作♪

こんばんは。
フレンチスタイルジュイ、日本スタッフの木戸です。

もう3月。今日はひな祭りですね♪

先週も、今週も元気にフレンチスタイルジュイは開店しておりました!

もっと毎日のお店の雰囲気をお届けしたい、と思いつつ、
気づけば、次の日になってしまっている毎日です。。


さて、昨日、メールマガジンでもご連絡しておりますが、
今週、ウレスの新作タッセルを販売開始しました♪

35186-9020


「palladio(パラディオ)」シリーズです。
キータッセルだけではなく、ロゼッタや、カーテンタッセル、ガロンなども販売しております。

このウレスのシリーズ自体の名前の由来はわかりませんが、

実は16世紀のヴェネチアに、palladioという有名な建築家がおりまして、
古代ギリシアやローマの古典的神殿の建築から、その対称性、奥行き、価値観
に強く基づいた作品を作っていたそうで、
17世紀からは、その解釈自体を「パラディオ主義」として建築様式の一つになったのだそうです。


こんな風に、過去のものを解釈しながら、現代のアートは進んでいくわけですが、
先々週末に観に行った書展もそうでした。


書家をしている母の付き添いで、榎倉香邨先生という、
書道界ではとても有名な先生の個展を観に、銀座に行ってきたのですが、

こちらの先生は、歌人の若山牧水に魅せられ、牧水が行った場所、住んだ場所を尋ね歩いては、
そこで詠んだ句とその場所の風景にインスピレーションを受け、
ご自分の書道の作品を作られているのだそうです。


93歳なのですが、今年の個展用に作られた作品には「恋のうた」を書かれているものがあり、

IMG_6166


間近で見ると、赤い四角の紙に書かれた歌が無造作に貼られているようなのですが、

IMG_6165

遠目に見ると、海に波がたっているような大きな作品になっていました。

こちらは、「根本の春」というタイトルで、若山牧水が、千葉の根本海岸に行ったことを受け、
榎倉先生も根本海岸に行かれて、こういう作品になったのだそうです。

実は、まだ改善したいそうで、次回の展覧会のときには、少し変わっているかも、
と、トークショーでおっしゃっていました^^

現在進行形の作品は作者が生きている時代でしか見られないところが、
ライブ感があって楽しいですね♪


色んな作品があったのですが、ちょくちょく目につくのが、
書を飾る背景の紙や布。

IMG_6171


こんな、ちょっとマドゥヴァンのラトゥナのような生地もあれば、

IMG_6172


鳥柄のジュイ生地のようなデザインの表装も。

和のものを観に行ったつもりが、フレンチスタイルジュイにつながるものを発見して
アートの奥深さを感じたのでした。


ということで、今日のご紹介はこちら。

ck428-2


布:MFTA:tdjメサンジュ(白麻地ベース黒)
http://www.fsjouy.com/product/6294 

フランスの老舗布メーカーMFTA(エムエフテア)のトワルドジュイ生地です。

品の良いこのトワルドジュイなら、フレンチスタイルにもジャポネスタイルにも
合わせやすいのではないでしょうか?

インテリアに、小物に、いかがでしょうか^^


フレンチスタイルジュイも、過去を解釈しながら、
素敵なアートのお手伝いができるような素材をお届けしていきたいと思います♪


では、みなさま、よい週末を♪
ボン ウィーケン♪ 


・フレンチスタイルジュイ本店
http://www.fsjouy.com/



 応援クリックしてもらえるうれしいるです^^↓

にほんブログ村 ハンドメイドブログ 手芸材料・用品へ
にほんブログ村 手芸材料・用品ランキングへ
ウェブショップはこちら↓
記事検索
★アマゾンフランスamazon.frにて購入できる、お勧めの本やDVDをご紹介★

アマゾンフランスでの購入方法は、「アマゾンフランスでの購入方法」を参考にしてくださいね。

ここにないものは、こちら↓にお探しの本の題名やキーワードを入れて探すことも出来ます。





















メールマガジン
★アマゾンフランスamazon.frにて購入できる、お勧めの本やDVDをご紹介★












livedoor プロフィール
リンク
フランスの布生地やタッセルなどを扱っている
ウェブショップ↓
フレンチスタイルジュイ

ロマンティックでエレガントなフランス雑貨を扱っているウェブショップ↓
シェマフランス

アコ・シャルロのブログ↓
フランス発~トワルドジュイのある暮らし~
QRコード
QRコード
  • ライブドアブログ